債券投資とその利回りについて

債券投資をするのなら、利回りの高いものを選ぶほうが良いと考える人は多いでしょう。しかし、高ければ高い方が良いのかというと、そうではありません。リスクについて把握しておく必要があるのです。リスクにはいろいろなものがありますが、主なものは信用リスクです。信用リスクとは、債券がデフォルトするリスクを指します。会社が倒産した場合には、投資した資金を回収できない場合もあります。

 
利回りが高いと言うことは、つまり価格が安いことを意味します。なぜ安いのかというと、投資家が好まないからです。安くしないと買い手が付かないから安いのです。ですから、安いと言うことは、リスクが高いことだと考えておきましょう。

フルーツ02
リスクについては簡単に評価することはできないのですが、格付けを見ればある程度は知ることができます。同じ格付けであれば、パフォーマンスについても同じくらいになる場合が多いです。ですから、どれだけ多くの利益を得たいと思った場合でも、格付けについて把握しておくことは必要です。リスク許容度として、どれくらいの格付けまでなら投資しても良いのかを把握しておく必要はあるでしょう。なお、参考にするのなら、一般的に投資適格債と呼ばれているBBB+まででしょう。