債券の譲渡益(キャピタルゲイン)に対する税金について

キャピタルゲインとは株などの債権が値上がりした際の購入時と値上がり時の差で儲けが出た分のことを指して言います。この差額で設けた利益については、その利益の20パーセント超を納税する必要があります。ただし、口座開設時などの証券会社などでの手続きでは、特定口座における源泉徴収ありとして届け出ていれば証券会社が行ってくれるようにしておくこともできます。

 
この申告分離課税では売却利益の10パーセント超、2014年以降は20パーセント超の税金を支払う必要がありますが、税率が上がったことによって株式売買から客が離れることを懸念した国によって、新たに利益が出ても一定の額までは非課税とする制度もスタートしています。

???? Vol.131 ???????
いずれにしてもこの株式売買による利益についての税金は、国の税務当局などに確実に確定申告を行って、正しく納税するように努めることが大切です。利益が出たのにも関わらず申告をしなかった場合には後々税務署などから調査などを求められるなどする可能性も十分にあり得ます。そうした際の追徴課税などはその滞納分だけでなく延滞金なども高額になりやすいため、確定申告で必ず正しく利益分についても申告を行い、納税することが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。