利付債の償還差益について

利付債とは、償還期日が来るまで利息を貰える債券のことです。

 
額面と同じ価格で発行され、買った人は毎年一定の期日に利息を貰うことができます。
この債券の本体にはクーポンが付いていて、それには利息の額と支払年月日が書かれているのですが、このクーポンと引き換えることで利息が貰えます。
利息が貰えるのは、基本的に半年単位ですが、償還期日にまとめて貰うことのできる「ワイド」という物も存在します。

 
また、利率が固定された物と変動する物があり、前者は「確定利率債」または「固定利率債」と呼ばれ、後者は「変動利率債」と呼ばれますが、前者のほうが一般的となっています。

 
さらに、個人で買える物は「売出債」と呼ばれ、機関投資家などでないと買えない物は「募集債」と呼ばれます。

 
利息については、源泉徴収されるため確定申告はしなくても問題ありません。

 
しかし、世界銀行などの国際機関が発行する債券の場合は、確定申告しなければならない場合もあります。
償還差益については、雑所得扱いとなりますが、償還期日を待たずに売った場合、いわゆる中途売却をした場合は非課税となります。
ただし、「ストリップス債」などの場合、中途売却による利益は「譲渡所得」とされ、総合課税の対象になります。

コメント

コメントを受け付けておりません。