社債の発行会社が倒産した場合の社債の扱いについて

社債の発行会社が倒産した場合には、会社が整理されることになります。債券には無担保のものと有担保のものとがあります。もしも担保が設定されている場合、その担保を売却して返還される事になります。担保の価値まで下落している場合には、返還される金額が小さくなることもあります。担保が設定されていない場合には、優先順位の高ものが先に返還され、そして優先順位の同じものは最終的に債権額で比例配分されるのが一般的です。

 

???? Vol.68 ?????????
このようになる事が多いですから、1円も返ってこない場合もあればそうではない場合もあります。返ってくることもあるのです。ただ、全額が返還されることは基本的にはないと考えておくべきでしょう。劣後債の場合には、一般的な債券よりも償還される順位が劣ります。つまり、普通の債券に対して償還が行われ、そしてそれでも資産が残っていたのであれば劣後債も償還されることになります。劣後債は、普通債圏に比べると利率が良い場合が多いですが、万が一の時には不利になるという点に注意しておく必要はあります。実際にはこのように単純に行かない場合もあります。最終的に債権者が話し合いをして決める事もありますし、メインバンクがすべてかぶることもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。